ベビーシッターの勤務形態

ベビーシッターの勤務形態 ベビーシッターで働く場合、いくつかの勤務形態がありますが、アルバイトやパートの割合が多いのが特徴です。保育園や幼稚園で正職員として働く場合、比較的拘束時間が長く、長期の休みを取りにくいなど私生活との両立の面では難しいケースもあります。ベビーシッターはそれに比べ私生活とのバランスが取りやすく、働きやすいと感じる人も多いようです。実際、保育士や幼稚園教諭、養護教諭などからベビーシッターへ転身する人も増えています。
派遣会社に登録してアルバイトやパートで働く方法のほか、正社員として託児ルームや託児施設などに勤務する方法もあります。また、ベビーシッターの会社を自分自身で立ち上げる人もいます。パートやアルバイトの勤務形態は、自分が働ける時間帯をあらかじめ申請しておくことで、派遣会社を通じて入ってくる依頼に対応します。基本的には依頼主の家庭とご自身の関係性がメインになりますので、上司や同僚とのかかわりは希薄です。
正社員で託児ルームや託児所で働く場合の勤務形態は一定時間、子どもの保育・対応をする仕事で、託児中の責任はありますが、保育園や幼稚園ほど保護者との関係を密にする必要はないでしょう。

フリーランスでベビーシッターをやるには

フリーランスでベビーシッターをやるには フリーランスでベビーシッターをやるのはさほど難しいことではありません。多くの人がそのような形でベビーシッターとして働いています。むしろどこかの会社や組織などに所属している人のほうが珍しいかもしれません。
ただし、フリーでやる以上、どれだけ安定して仕事を受けることができるのというのは大きな問題になります。別に収入のことは何も気にしない、特に稼げなくても全く問題ないという人は個人の知り合いの範囲内で仕事を引き受けても構わないでしょうが、やはりそれでは限界があるでしょう。
もちろんこれはどこかの会社や組織に所属したほうが良いと言っているのではありません。そうではなくて、ベビーシッターを求めている人とシッターを引き受けることができる人との間を取り持っているような組織がありますので、そこに登録しておくことを勧めているだけです。これはあくまで間を取り持っている組織に過ぎませんので特別に束縛されるようなことはありません。

新着情報

◎2018/10/16

資格はどうしたらいい?
の情報を更新しました。

◎2018/7/5

ベビーシッターへの転職
の情報を更新しました。

◎2018/4/11

ベビーシッターの勤務形態
の情報を更新しました。

◎2018/4/5

ベビーシッターの勤務形態
の情報を更新しました。

]

◎2018/3/9

サイト公開しました

「ベビーシッター フリー 」
に関連するツイート
Twitter